かえるの米国株投資生活

米国株を中心とした投資で不労所得生活を夢見る20代です!

初心者が考える高配当個別株の選び方 その②

 

f:id:syuichix:20190115222154j:plain

 

皆さんお疲れ様です。

 

以前、初心者が考える高配当個別株の選び方で下記の内容を記載しました。
1、自身の投資スタイルを理解し購入する銘柄を決める
2、減配株、無配当株を選ばぬようにタコ足配当株を避ける

 

www.kerokerokero.work


本日は、第2弾として、個別株の選び方を述べていきたいと思います。
私は、インカムゲイン主体の投資スタイルであり、配当利回りで収入を得ていきたいと考えております。

そういった意味でも、配当利回りは非常に重要な指標であると言えます。ですが、その配当利回りだけに囚われてはいけないと考えております。実際に配当利回りの計算方法は以下の計算式となります。

 

配当利回り=年間配当額/株価

 

つまりは、現状の配当利回りしか見えないのです。
配当利回りだけをみて銘柄を購入すると、将来の増配の可能性を無視し銘柄を選ぶこととなります。また、先に述べた通りタコ足配当銘柄であれば、今後の減配のリスクも発生する可能性もあります。

 

米国株で減配を発表し株価も下落した例としてはゼネラルエレクトリック社が挙げられます。同社は業績不振から減配を発表しましたが、減配の上株価も大きく下落しました。減配といった状況が株価にいかに大きな影響を与えるかが分かる事例です。

 

インカムゲイン主体での投資スタイルで危険な思考としては、現状の配当利回りのみで判断し購入銘柄を決定してしまうことです。過去の配当実績、配当性向をきちんと把握することが重要です。配当性向がまだ低ければ、今後の増配の可能性がありますしね。


逆に高すぎる場合は余力がなく今後の増配が見込めない可能性が高いです。
健全な配当を行っており、今後も高配当を出し続ける、増配の可能性がある銘柄を選んでいきたいものです。

 

では、引き続きよろしくお願いいたします。