かえるの米国株投資生活

米国株を中心とした投資で不労所得生活を夢見るサラリーマンです!

CROSS Exchange(クロス エクスチェンジ)配当収入393円 2019年3月28日

f:id:syuichix:20190329070829j:plain

皆さんお疲れ様です。

 

クロスエクスチェンジから配当金が入りました!
早速結果から配当収入が393円でした。
累計で配当収入が10,114円となっております。

 

1万円を超えましたね。月間で3万円程度まで配当金がもらえるようになるまで自己資金で投資していきたいと思います。

 

本日の配当収入の抜粋となります。私の所有するXEXは 12174XEXです。
所有するXEXにより配当金が異なり、配当は様々な仮想通貨で分配されます。

 

f:id:syuichix:20190329070514p:plain

 

GACKTコインに詐欺の疑いか?

歌手で俳優のGACKTが中核メンバーとして広告塔を務め、“GACKTコイン”とも呼ばれる「SPINDLE(スピンドル)」という仮想通貨があります。

昨年5月には世界5カ所の仮想通貨取引所に上場しましたが、直後に暴落してしまいました。この暴落により多くの含み損を抱えた投資家も多いとのことです。

 

このスピンドルという仮想通貨は、参加者が自分の資金と引き換えにSPDトークン(スピンドルの通貨記号SPDの通貨引換証)を取得が可能です。

SPDトークンを使って仮想通貨ヘッジファンドに投資し収益を上げます。

2017年10月からリリースを始めてそして18年5月に世界5カ所で上場した経緯となります。

 

スピンドルの運営元ブラックスターはこれまで問題点を指摘されてきました。仮想通貨の売買等を事業として行う際には、必ず仮想通貨業者の登録をしなければならないが、ブラックスターは登録していません。


そのため、もしスピンドルが仮想通貨として売買されていたとすれば、資金決済法違反の可能性が出てくるとの事。

 

17年に行われた商談会で、GACKT氏も参加し参加者たちに対して「1000万円を入れたのが2億とかなっているんですよ」などと語り、出資を迫ったといいます。

 
前述のとおり昨年5月にスピンドル仮想通貨取引所に上場直後に暴落し、投資家に多数の損失者が出た一方、GACKTは上場直後に7000万円を売り抜けたとされています。

 

上場したての仮想通貨を購入する際に非常に重要なのが、上場後からの暴落です。対策としては2つ

1、上場後価値が倍程度になったらすぐに売り抜ける。
2、目は暴落しないような仕組みの仮想通貨へ投資する。

クロスエクスチェンジの場合はロック期間により30日、60日、90日と売買できない期間を設定することにより配当金の獲得額が増えたり、XEX(独自トークン)の獲得が増えたりします。


このロック期間により大きな暴落や価値の急上昇を避けているのです。

 

勿論先のことは読めませんが、再配当しを最大限加速させる時期として仮想通貨へ投資しています。ただし、投資は自己責任です。

 

今なら少ない予算でCROSS exchangeのマイニングやXEXの取引ができますので、仮想通貨で少しでも資産を増やしたい方は早く登録することをオススメします。
是非、投資の候補に入れてみてください。
↓から登録が出来ますよ!

www.kerokerokero.work

 


では、引き続きよろしくお願いいたします。