かえるの米国株投資生活

米国株を中心とした投資で不労所得生活を夢見る20代です!

車所有の維持費は高い! 車は所有から賃貸「カルモ」の時代へ

 
皆さんお疲れ様です。
かえるです🐸
 
以前、車の賃貸サービス「カルモ」をご紹介しました。
↓記事をお読み頂ければ嬉しいです。

www.kerokerokero.work

 

さて、前回では車の所有の時代から賃貸の時代へと変化していると記事にし、合わせて、車はいかに節約生活に弊害を与えるかをご説明しました。

マイカー賃貸カルモ


しかし、前回は「車はお金が掛かりますよ」しか説明できていなかったので今回は、
具体的に説明をしていきたいと思います!

車に掛かるお金は大きく分けると2種類となります。
 
前提として、車を所有するための維持費は下記の内容となります。
思った以上に必要となりますね。
車は購入したらそれで終わりではなく、購入してからの維持費が問題ですね。
 
車両購入費用
ローン金利(ローン購入の場合)
自動車税(年1回)
重量税(車検ごと)
自賠責保険(概ね車検ごと)
自動車任意保険(契約により月払い、年払いなど)
点検費用(法定点検年1回、法定費用+整備費)
車検費用(隔年、新車時のみ3年。法定費用+整備費)
駐車場代(賃借の場合、毎月)
燃料代(ガソリン、軽油
その他整備費、消耗品費用(タイヤなど)
 

車を所有するための維持費

 
3種類の車のタイプから維持費を算出した資料となります。
車の維持費を年で算出した資料となります。

f:id:syuichix:20190428082016j:plain

JA共済から
自動車保険は6等級新規/26歳以上/車両保険なしを想定
※燃料代は、ガソリン1Lを130円、月間走行距離を800km、車種別燃費を軽乗用車:15km/L、コンパクトカー:12km/L、ミニバン:9km/Lで計算
 

こちらには車の車両購入費用は含まれておりません。
そのため、資料の金額に+ローンで購入していれば車両購入費用が発生するのです。
例えば、車両購入費が毎月2万円だった場合、年間で24万円となります。維持費がもっとも安い、軽自動車の年間維持費38万円と合算した場合62万円となるのです。
 
5%の利回りの株式を購入していれば、年間で3万円前後の配当を得られる資金ですね。
合わせて、燃費の悪い車であれば、ガソリン代は高くなりますし、その逆もあり得ます。
 
改めて、車の維持費を数字にしてみると愕然としますね。
特に、車検代や保険料そして車の購入費はやはり大きな費用となりますね。
私の実家は車がないと生活できない地域です。一人一台車を所有しています。
働くためにも生活するためにも車は必要ですが、節約生活には非常に厄介な存在と思われます。
どうしても車が必要際にはやはり、所有ではなく賃貸とすべきです。
 

車賃貸サービス「カルモ」なら毎月定額


以前紹介した「カルモ」では、軽自動車であれば、2万円前後の定額で借りることが可能です。

f:id:syuichix:20190428082347p:plain

 

そして、カルモの良いところがボーナス払いの際に高額にならないこと!
実際にカルモのHPで車種をご確認ください。完全に定額なのです。
 

マイカー賃貸カルモ

 
他のリース会社の金額は毎月の定額の他ボーナスのみいつもの2倍以上の金額となり、実は結構な金額だった。ということもあります。ボーナス時に回収するので、毎月の利用料は少額見せられるというトリックがあるのです。
その点、カルモは完全に定額なので毎月の出費を計算しやすいです。
 
下記カルモのカーリースの詳細です。
 

f:id:syuichix:20190428082625p:plain

 
1年~9年の契約で借りることができます。転勤や転職、引っ越しで車が必要となった方。今までは車は所有することが当たり前でしたが、これからは賃貸する時代です。
車の所有には維持費が年間で30万円以上が掛かります

他のレンタルサービスでは、ボーナス時に毎月の倍以上の費用が掛かる設定となって業者も多くあり、実際想定していたよりも高額となってしまったなどのトラブルもあります。その点カルモは完全に定額です。
 
カルモを利用して、素敵なカーライフを実現してみてはどうでしょうか?
 
では、引き続きよろしくお願いいたします。