かえるの米国株投資生活

米国株を中心とした投資で不労所得生活を夢見る20代です!

社会人こそ「お金」の勉強すべき その理由とは?

f:id:syuichix:20190510233524j:plain

皆様お疲れ様です。
かえるです🐸
 
今日の結論はタイトル通りですが、
社会人こそお金の勉強をすべきである!です。
 
よくネットでも、社会人が学生時代これをやっておけばよかったランキングの1位に挙げられるのが「勉強をしておけば良かった」ですね。
恐らく、学生時代もっと勉強し、良い大学に行き、良い企業に勤められれば良かったのにという後悔もその原因になっていると思います。
 
過去のことを後悔しても仕方ありませんし、今後どうするべきか考えるほうが有意義であります。
 
実際に社会人になってから勉強しようと思っている方で、いったい何から勉強したら良いのかわからない方も多くいると思います。今からでも遅くはありません。今が一番若いですからね。
 
では、どんなジャンルを勉強すべきでしょうか?
結論にもある通り私は、社会人こそ「お金」の勉強をすべきであると思うのです。勿論仕事の勉強をすることも大切ですが、人生をより生きやすくするためにも「お金」の知識こそ重要であると思えるのです。
 
その理由を順を追ってご説明します。
 

お金の知識があれば人生は楽になる

 
お金の知識があると人生は大きく楽になるといえます。
お金の知識とは、節約であったり、お金の稼ぎ方などの方法です。

お金の知識がなく、入ってくるお金を全額支出に使っていたり、ただ思考停止で貯蓄しているだけでは、この先の人生は恐らく労働から抜け出せない人生となるでしょう。
先日の富士通の早期退職の件にあるように、日本の終身雇用はすでに崩壊しているといえます。↓記事をご覧ください。

www.kerokerokero.work

 

また、評論家の森永氏が月収10万円時代が来ると警鐘をならしています。

www.kerokerokero.work

 

極端ですが、皆様が明日にも会社から早期退職の圧力をかけられ、結果退職を選択した場合に2種類の人がいると考えられます。
 
1、早期退職を歓迎できる人
2、早期退職は予想外で絶望に陥る人

 

1はお金の知識がある人です。一方で2はお金の知識が無い方ですね。

1は早期退職を歓迎できる人は、事前に準備ができていた人です。
具体的に言うと、サラリーマンの給料がなくとも生活できるだけの収入があるです。決して貯金ではありません。お金がお金を生むサイクルを作れている人です。

結論から言うと、投資や自分の資産作りができており、いつでもサラリーマンを辞する準備ができており、それまでの過程には節約からの投資やブログなどの副収入の構築でお金を稼ぐ方法を知っていたことがあげられます。

2はサラリーマン給料以外での稼ぎ方を知らずに、蓄えと言えば、老後のための貯金ぐらいの人です。
 
貯金は決して悪い訳ではありませんが、貯金だけではお金の知識があるとは言えません。日本の銀行の金利はほぼないようなものですし、その貯金がお金を生み出す訳ではありませんからね。

また、サラリーマン給料以外での稼ぎ方を知らなければ、突然、職を失った場合途方に暮れ、また、職探しを始めることになるでしょう。収入元がサラリーマン以外にありませんからね。
 
このように、お金の知識さえあれば、突然の首切りにも対応でき、更に言うと待ってました!状態で望んで早期退職出来る可能性があるのです。
まずは、資産を構築することが重要です。その準備として節約スキルは大切です。
↓節約方法の記事です合わせて、ご覧ください。
また、節約スキルが身に付いた後には、投資です。再現性の高い配当重視の投資のメリットを記事にしています。合わせてご覧ください。

ラットレースから抜け出せる

 
ラットレースとは金持ち父さん、貧乏父さんの著者ロバート・キヨサキ氏が著書の中で使用している言葉です。働いても、一向に資産が貯まらない様子が、回し車の中でクルクル回っているネズミに似ていることから定義した言葉です。
具体的には、生活費のためだけに働き、お金がお金を生むサイクルを構築出来ない人のことですね。実は多くの人は、このサイクルに気づいていませんし、抜け出そうともしていないように感じるのです。
 
ラットレースから抜け出せないサラリーマンは、毎月入ってくる給料の中から食費・家賃・光熱費・娯楽など生活に必要な経費を支払うだけで資産にお金を振り向けようとはしないのです。

しかし、お金の知識があれば、いかに生活費や欲望に消費するお金が無駄であるか理解できるのです。

お金でお金を生む「資産」をいかに多く早く構築することができるかが、このラットレースから抜け出す方法であり、お金持ち引いては経済的自由を手に入れることができるのです。
 
サラリーマン給料を生活費だけに消費している生活では、一生ラットレースから抜け出すことは不可能でしょう。昔はサラリーマンとして定年まで働き、年金だけで暮らすことができました。しかし、今の時代そうはいきません。寿命も延び100年時代と言われています。年金も満足に出るかは不明です。
そんな中、定年を超えても生活費のため70代になっても働くことは大変です。今後の人生不労所得作りがいかに重要が分かると思います。
 
ラットレースから抜け出す=資産を作る。それこそ不労所得なのです。

お金の知識をつければ、資産を作る事の重要性を無駄遣いなどできないはずですね。
 

サラリーマン給料だけが稼ぐ方法ではない

 
お金の知識をつければ、サラリーマン給料だけが稼ぐ方法でないことも気付くことができます。今の世の中、ブログやYouTube、プログラミングなどお金を稼ぐ方法はいくらでもあります。
しかし多くの方がそれにまだ気づいていないのです。

今までの日本社会がそうであったように、世間の常識として私たちに刷り込まれているのかもしれませんね。収入が一つだけではリスクです。いかに多くの収入元を持つかがお金持ちになる秘訣です。
 
サラリーマン給料だけでお金持ちになる事は難しいです。時間の切り売りですからね。
いかに、自分が働かなくとも収入を作ってくれる資産作りが重要であるか気づけるのです。↓副業は時間労働をするなという記事を書いています。ご覧ください。
また、最後に給料以外の収入がある事で、精神的なゆとりが生まれます。
仕事がつらい、給料が低くてつらいなどストレスがあるかもしれませんが、月に5万円、10万円と給料以外の収入があれば、ゆとりが生まれると思いませんか?
 
給料以上のお金を稼いでいれば、いつでもこんな会社辞めてやると想いながら働けますね。実際に辞めても収入があるので問題がないのです。
 
さて如何でしょうか?
社会人になったら「お金」の勉強は必須です。

というか、お金の知識が無い方は一生経営者に搾取され使われる側か脱却は出来ません。
決してサラリーマンが悪いといっているのではなく、サラリーマンだけではリスクがあるのです。

生活するためには、お金が必要です。サラリーマンとして働く理由の多くはお金です。
お金があれば、別に働かなくても良い訳ですからね。
お金の知識があれば、人生は大きく楽になるはずです。

しかし、多くのサラリーマンがそれに気づかず、資産を作らずに消費し、浪費し、給料という餌を得るために同じ回し車の中を回り続けるのです。
 
どんな良い大学に行っても、どんな大企業に勤めても、お金の知識がなければただのネズミです。
過去は変えられません。ですが、未来はかえることができるのです。
将来に絶望しないためにも、今からお金の勉強を始めましょう!
 
では、引き続きよろしくお願いいたします!