かえるの米国株投資生活

米国株を中心とした投資で不労所得生活を夢見る20代です!

老後のための貯蓄は意味がない! 貯蓄よりも投資をすべきその理由とは?

f:id:syuichix:20190522215825j:plain

皆様お疲れ様です。
かえるです🐸
 
本日の結論は、老後資金の為の貯蓄より、不労所得作りをすべき!です。
私は先日↓のツイートをしました。


老後の為に全力で貯蓄するのではなく、投資などを行い、不労所得の収入作りに力をいれるべきと考えています。その理由を順を追ってご説明します。
 

人生100年時代、実際いつまで生きるかわからない


日本では人生100年時代と言われていますね。
現在の平均年齢は女性で87歳、男性で81歳と言われています。しかし、私たちが今後生きていく中で、より医療が発達し、寿命を長く出来る食事など技術革新により平均年齢100歳になるかも知れません。
 
平均年齢100歳つまり、人生が100年間にもなる可能性が大いにあるのです。実は、お金ががある人とない人では天国と地獄にわかれると思うのです。
 
というのも、いつまで生きるかわからない。つまり、医療費や生活費など掛かるお金が予想出来ないのです。自分が何歳まで生きるか予測はできません。

思わぬ事故にあうかも知れませんし、何もなく100歳を超え長寿になるかも知れませんね。
予想できないものに対し、これだけのお金があれば、安心など確実な事は言えないのです。年金もどれだけきちんと出るかわかりませんせんからね。
 
 

老後に掛かるお金はどれぐらい

 
では、実際に老後の生活に必要となる金額はどれほどでしょうか?

夫婦であれば、約22万円前後でそれなりの生活が出来、余裕のある生活をしようとすると、約35万円必要とも言われています。
では、年金は実際にいくら出るのでしょうか?
厚生労働省年金局に平均受給額がありましたので、↓ご確認ください。

f:id:syuichix:20190522215004j:plain

厚生年金保険(第1号)受給権者の男女別の平均受給月額(平成29年度末時点、単位:円) 平均年金額は月額14万4903円と、国民年金の受給額よりは高い。男子は16万5668円、女子は10万3026円と、男女間での受給額の差が大きくなっている (出典:厚生労働省年金局「平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」)
 
男女別に厚生年金の一ヶ月あたりの平均値となります。
女子は専業主婦となる方も多く、どうしても男性よりも受給額が少なくなってしまっています。将来どれほどの受給額となるかわかりませんし、受給額が増えるよりも、減るほうが可能性も高いですね。
 
老後の資金には2,000万円とも4,000万円ともいわれています。

当たり前ですが、生きていく年齢によって資金は異なります。
夫婦で毎月の年金が18万円だったとして、あと10万円安定した別の収入(不労所得)が
あれば、より豊かに暮らせますね。その方法をご説明します。
 

配当収入+年金で豊かに暮らせる

 
先に説明した結論の通りですが、若いうちから不労所得作りに力を注ぎましょう!
つまり、投資です。具体的にはインカムゲイン主体の投資です。配当狙いの投資ですね。なぜ?配当狙いの投資が有効かと言うと、不労所得なのです。

70歳、80歳にもなって生活のために労働はしたくないですね。趣味程度であれば問題ないですが肉体労働であれば、それこそ大変です。
 
更に言うと、90歳にもなってお金がなく、毎月毎月お金の心配をしていては、生きててつらくなりそうです。このように、労働するにも年齢的な限界があるのです。
つまり、不労(働かなくとも得られる収入)は非常に大切なのです。

例えば、月に10万円不労所得が欲しいと考えた場合…
年間で120万円の配当収入があればよい訳で、配当利回り4%の場合 3,000万円の資金で達成が出来ますね。※税金に関してはわかりやすくするために計算しておりません。
 
3,000万円という金額を見ると非常に大金ですが、10年、20年という長いスパンで配当金を得ながら、配当金を再投資して資金を増やしていけば、決して難しい金額ではないと思うのです。
 
つまり、配当狙いの投資を行い不労所得を得る事で、自分年金づくりができるのです。
特にVTIやVYMに該当するETFに投資すれば、個別株と違い倒産リスクもありません。
ETFを中心に投資をしてみてはどうでしょうか?
善は急げです。↓SBI証券に登録を行い、投資を始めましょう!
 

 

体力がいらない労働スキルを身に付けるべき

 
年金だけでの生活では不安であり+配当収入で安心な豊かな老後を過ごせると説明しました。ですが、より豊かな老後とするためには、年金+配当収入+副収入があればより安全ですね。
 
老後でも出来る副収入とは何でしょうか?
 
本質的には肉体労働でなく、自身の経験を発揮できる仕事を見つけるべきです。
 
私たちが、老人になっている時代には、世の中がどうなっているかは予想できません。ですが、今のトレンドとして【個】で稼ぐ時代になっていることは間違えありません。
今後の時代もこの流れは加速しより一層、個の時代になっていくと思っています。
現代では発信すること、情報を発信して、お金を稼げますね。ブログしかり、YouTubeしかり。プラットフォームは変わっている可能性がありますが、媒体が変わるだけで、やる事は同じです。

有益な求めれている情報を提供することです。
常に、今の世の流れに何が求めれているのか?アンテナを張り勉強し続けることが大切なのです。そのアンテナの中で自分のスキル・経験がどう副収入となるか。模索し、行動することが大切です。きっとその時代にあった収入作りができるはずです!
 
さて、如何でしょうか?

年金だけでは、満足に生活ができない可能性が多くあります。
老後の資金作りはどれだけ貯蓄すれば良いか?人生100年と言われるこれからの時代には予測することはできません。
 
自分の年金づくりにも、配当収入作りのために投資を行ってみてはどうでしょうか?
 
では、引き続きよろしくお願いいたします!