かえるの米国株投資生活

米国株を中心とした投資で不労所得生活を夢見る20代です!

「SPYD」S&P500高配当株式ETF 購入しました!

米国高配当ETFとして有名なSPYDをこの度購入しました。
SPYDの購入を検討されている方はぜひお読みください!
 
皆様お疲れ様です。
かえるです🐸
 
タイトル通りですが、米国ETFのSPYDを購入しました。
以前からも公言しておりましたが、約5万円程度購入を致しました。

f:id:syuichix:20190528214533p:plain

SPYDに関して記事を書きましたので↓合わせてお読みください。

www.kerokerokero.work

 

私の毎月の投資戦略は下記です。

1、毎月5万円程度SPYD・VYMなどのETFを購入
2、暴落に全力買いするために、現金を毎月3万円程度貯蓄
3、暴落時にARCC・PFFなどの高配当株を貯蓄から全力買い
 
今回はSPYDを購入しましたが、その理由をご説明します。
 

SPYDを購入した理由 まとめ

f:id:syuichix:20190528215624p:plain

結論から申します。

高配当ETF配当利回り4.17%でインカムゲインを得ながらキャピタルゲインも狙えるETFのため
 

そもそもSPYDとは?

 
SPYDとはステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)が運用するETFであります。構成内容としてはS&P500指数に採用される米国大型株のうち高配当株の上位80銘柄が対象となっています。

つまり、米国の高配当株を上から買っていけるというETFなのです。
SPYDの概要は下記です。
 
配当利回り:4.17%(2019/5時点)
経費率:0.07%
配当月:四半期毎(3,6,9,12月)
 
高配当ETFで有名なVYM(配当利回り3%)よりも高配当を維持しているETFです。
SPYDの構成銘柄はVYMと異なり不動産(REIT)を多く含んでいることにあります。

S&P500のセクター別比率と比較して高配当な不動産(REIT)や一般消費財や公共事業が多く、逆に情報技術、ヘルスケアが少ないと言った特徴があります。
 
VYMは逆に情報技術や消費財が多く、不動産は少なめですね。
 
 

SPYDはキャピタルゲインも狙えるETF

 
 
↓チャートをご覧ください。

f:id:syuichix:20190528214754p:plain

 
先もご説明した通り、高配当ETFでありながら、株価も右肩上がりで
上がり続けており、キャピタルゲインも狙えるETFでありますね。
 
結論にも記載していますが、キャピタルゲインも狙えるETFです。
キャピタルゲインを狙うのであれば、やはり早い段階から購入をしておくべきでありますね。私のような毎月少額しか、資金をつぎ込めない場合にはいかにどのタイミングで狙っている株を購入するかが大切です。
 
特にARCC・PFFキャピタルゲインは狙えないETFです。配当利回り6%をこえる大変魅力的な株式です。ですが、ARCCはリーマンショック時に株価70%減という驚異的な数字をただき出しています。

つまり、暴落時にこそ購入すべき株式なのです。
その時をじっと待つのです。

その時までに資金を蓄え、キャピタルゲインを狙えるであろう株式への投資をする。
SPYDは上記の役割を担っているのです。
つまり、キャピタルゲインインカムゲイン双方を狙えるETFこそ暴落時以外に購入すべきであり、暴落時に狙っている株式を購入するのです。
 
さて、如何でしょうか。
SPYDの説明と今購入に至った経緯となります。
今度、少額の資金しかない人向けの投資方針を記事にしてみたいと思います。
つまり、私の事ですがw
 
先が見えない未来ですし、政府も年金に頼らずに投資をして欲しいと公言しています。
今後の自分の未来のためにも投資を行いましょう。
 

 
では、引き続きよろしくお願いいたします!