かえるの米国株投資生活

米国株を中心とした投資で不労所得生活を夢見る20代です!

サブスクリプション型のサービス利用に要注意… サービスの見直しで固定費の削減になる

f:id:syuichix:20190710000814j:plain

サブスクリプション型のサービスが増えていますね。
しかし、使わなければただお金を垂れ流ししているだけです。
本日は、知らない間にお金を浪費しているかも知れないサブスクリプション型のサービスのお話です。

皆様お疲れ様です。
かえるです🐸

突然ですが、皆様はサブスクリプション型のサービスをいくつ契約しているか認識されていますか?しらぬまにいくつもの定額サービスを利用しており、毎月の固定費のアップにつながっているかも知れません。
 
まずは、サブスクリプションの概要をご説明します。
消費者が財やサービスを購入するに当たって、具体物としての財の数やサービスの量、回数ではなく、それらを一定期間利用したり享受したりする権限の提供を受け、その資格を期間中保持することに対して対価を支払う契約のこと。元々は雑誌などの定期購読や予約代金などを意味するが、コンピューターソフトの年間契約使用料や音楽配信サービスの定額利用料などの支払いに関する契約に広くとり入れられ始めた。
日本では主に後者の契約形態や支払い方式の呼称として用いられている。

PCのソフトウェアなどに代表される定額利用のサービスのことです。
 

この定額利用のサービスがここ最近増えていると感じませんか?
 
例えば、netflixAmazonプライムの動画サービス。
Apple Music」「Spotify」「AWA」などの音楽サービス。

私も利用している、Amazon Kindle Unlimited 書籍の読み放題サービス。
 
そして最近ではスマホアプリ関連でも定額サービスが生活に密着していますね。ダイエットアプリや私も利用しているマネーフォワードなどなど。
 
今では、居酒屋の利用にもサブスクリプション型のサービスも出てきています。サブスクリプション居酒屋と呼ばれるサービスの展開です。月に3,000円程度支払えば、対象各店で飲み放題のサービスを得られるというものです。
 
毎月飲み会が多いビジネスマンにはお得なサービスかも知れませんね。

定額利用のお得に見える点は費用が低額で毎月何度使おうが、逆に使わないとしても
料金が変わらない点にありますね。
 
低額であるがゆえに、数点も定額サービスを契約してしまい、結果的に毎月それなりの金額になっていることなんてこともあり得る話です。

勿論、きちんと自分の使用用途に見合っていればよいですが、生活をお得に出来る有益なサービスであると思いますが、使ってもいない低額サービスがあればただの無駄遣いですね。塵も積もれば山となるです。
 
スマホが普及した現代では、個人がサービスをどんな時間でも受けやすくなります。定額サービスをどれだけ、必要な分だけ利用出来ているか確認をして見ることも固定費の削減に繋がるかも知れません。
 
食費や、スマホ代だけでなく定額サービスの見直しも是非行ってみてください。

さて、如何でしょうか?
定額できちんと利用すればお得になるであろサブスクリプション型のサービスですが、一方で低額であるがゆえに、どんな時間でも利用できるサービスであるがゆえに思わぬ出費を招いている可能性があります。

固定費を下げたい人は特段使っていない定額サービスを解約・整理することをお勧めします。
 
では、引き続きよろしくお願いいたします!