かえるの米国株投資生活

米国株を中心とした投資で不労所得生活を夢見る20代です!

【REIT】 不動産投資

皆さんお疲れ様です。

 

REITという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

REIT(リート)は、「Real Estate Investment Trust」不動産投資信託の略ですね。日本版もありまして、JapanのJを付けてJ‐REITJリート)と呼ばれています。

株、債券、不動産、現金と資産の分散はリスクを避ける意味でも重要です。

そこで、REITの概要の説明とメリット/デメリットをご説明していきたいと思います。

 

  • そもそもREITとは?
  • J-REITの特徴
  • J-REIT投資のメリットは?
  • 少額資金で不動産投資が可能
  • 高配当である!
  • デメリットは?
  • まとめ

 

そもそもREITとは?

 

REITとは、投資家から資金をを集めホテル、賃貸住宅、テナント、介護施設オフィスビル、物流施設などの不動産を購入し、家賃収入や売却益を投資家へ還元する金融商品であります。

不動産投資というと、空室のリスクや多額の投資資金が必要になりますが、REITを通して不動産に間接的に投資をすることが可能となります。

購入に関しても証券会社から株式と同じように売買が可能です。

 

J-REITの特徴

 

JapanのJを付けてJ‐REITJリート)と呼ばれている。日本版のREITとなります。

では、このJ-REITの特徴は何でしょうか?

バブル経済が終了しよく失われた20年などと揶揄されますが、私はバブル経済のころには生まれてませんし、不景気の時代しか知りません。ここ最近になって日経平均株価が20,000円を突破し人生で初めて好景気を味わうかもしれません。

J-REITが誕生したのはバブル経済が終了してから企業の業績が著しく悪化し不動産に関しても売れない状況が続いていたそんな時であります。

政府は不動産取引を活性化させようと2001年に不動産投資信託市場を設立しました。J-REITの始まりです。そのため、JREITは国策で誕生した金融商品なのです!

 

きちんとした成り立ちですね。

より一層個人が不動産売買ができるようにとの国策のようです。

 

では、J-REIT投資のメリットは?

 

J-REIT投資法人であります。

投資法人でありますが、株式会社と同じように証券会社から売買が可能です。

特に不動産の場合は売却が難しい場合があると聞きます。売却がいつもで可能という点はメリットとなるのではないでしょうか?

J-REITには実に様々な銘柄があります。それぞれオフィスビルに特化、介護施設に特化総合的に不動産を扱っている企業など、それぞれに特徴があります。

 

少額資金で不動産投資が可能

 

先も説明した通り不動産投資というと、空室のリスクや多額の投資資金が必要になりますが、REITを通して不動産に間接的に投資をすることが可能となります。

不動産の目利きのノウハウがなくとも購入が可能となります。

 

高配当である!

 

投資法人であると説明しましたが、一般的な株式会社とは異なり、利税引き前利益の90%以上を投資家に配当することで、法人税が実質無税になることになっています。そのため、利益の大半を投資家へ還元してくれます。

下記の図をご覧ください。J-REITの高配当ランキングを作成いたしました。

軒並み4%をこえております。これだけ高配当だと少し怖くなりますね・・・

 

f:id:syuichix:20181211202035p:plain

 

最後に・・・

分散投資3分法「預金、株式、不動産」が少額資金から実現できる

不動産投資はいくらんでもリスクがありますし、手を出せないのも正直なところです。

 

これだけあると非常に良い金融商品であり手を出したくなりますが、デメリットは何でしょうか?下記ご覧ください。

 

デメリットは?

 

株式会社ですので破綻の可能性があります。での企業でもそんなリスクはあるじゃないかと思われるかもしれませんが、2008年のリーマンショック時にニューシティ・レジデンス投資法人(NCR)が破綻しています。


というのもREITは、大部分の収益を配当に回しており、そのため、内部留保率が低い体質である。結果として、不景気となった場合、内部に資金を貯めることができない体質であり、株価の下落も大いにあり得るし、破綻の可能性もある。

大部分の収益を配当に回しているのなら高配当なのもうなずけます。結果として、内部留保率が低く破綻リスク、株価への影響など無視できないリスクも大いにありますね。

 

一方でJ-REITは国策であります。先に説明した、ニューシティ・レジデンス投資法人の破綻を受けて、国は、銀行保有J-REIT投資口の買取り開始や、不動産市場安定化ファンド設立、J-REITを破綻させないための政策を実施しています。また、年金積立金管理運用独立行政法人J-REITを購入しているとの事であります。きちんと政府に守られている国策で年金を管理している機関にも採用されるいる事もあり安心点でありますね。

 

まとめ

J-REITは少額から購入できる

J-REITは国策から誕生した

・非常に高配当である

・内部保有率が低く不景気時に破綻、株価下落リスクがある

・政府に守られた国策であり、年金積立金管理運用独立行政法人も購入している

 

 

今すぐに購入するかは考えますが、魅力的な投資先であることは理解できました。

皆様はどう感じましたか?

 

引き続きよろしくお願いいたします。