かえるの米国株投資生活

米国株を中心とした投資で不労所得生活を夢見る20代です!

投資をしない事によるデメリットとその理由とは?

f:id:syuichix:20190608220803j:plain

皆様お疲れ様です。
かえるです🐸
 
本日の結論、投資をしない最大のデメリットは投資機会を失う事であるです。
 
私は投資をしていますが、投資をする以前は投資は怖いもの(分からないもの)でありました。一般的にも投資をしない理由としては「損したらどうしよう?」というイメージが強くあるといいます。
 
しかし、投資を行い、勉強をした今となっては投資をしないことが逆に怖くなり、今後の人生は大丈夫なのかと心配になるほどです。
 
先に説明した通り、一般的には投資はまだまだ広がっていないのは事実です。ある統計では、日本人の約8割が投資を行っていないそうです。
 
投資をしない理由としては、日本人の貯蓄至上主義があるのか、損するぐらいなら貯金をしたほうがまし!と思ってしまうことが大きな理由と思うのです。
 
バブル期以前は投資よりも貯蓄という選択しはありだったと思いますがね。
 
そこで、投資をしないことによるデメリットをご紹介していきたいと思います。
 

投資失敗で借金を抱えるは極端な例である


そもそも、として、投資で大損をするというイメージはメディアに植え付けられたイメージであると思うのです。
 
良く、モニターを何個も付けた個人投資が特集され、世間でいうデイトレーダーがこれに該当すると思います。合わせて、何十億儲けただのと紹介されるのです。

一方では、何千万も損をして資産を失った。資産がなくなっただけでなく、借金を抱えたなどと紹介されることもありますね。
 
そもそも、投資で借金を抱える人は一発逆転を狙いすぎであり、我々が目指す方法ではありません。我々が目指す投資は↓の記事の通りです。
メディアは広告主のために皆が見たいと思うような・興味を引くような情報を作ることが目的です。人の不幸は蜜の味とも言いますが、極端な事例こそ取り上げられ、このイメージが植え付けれると思うのです。
 
つまり、過度に儲けた人や大きく損した人は極端な事例であり、我々が目指す投資ではないのです。

まず、前提として過度な投資のイメージはメディアが作りだした産物であり、きちんと勉強を行い、理解すればこれからの将来安全に資産を築くことが出来る有能な方法だと私は思っています。
 

損が怖いなら許容範囲内の少額から投資をすれば良い

 
先ほど投資はある程度はメディアに植え付けられたイメージが強いとご説明しました。でも、投資で損をしたらどうしようと思う方もいるでしょう。

そうした場合は、少額から投資を行えばよいのです。例えば、5万円しない個別株を購入してみてとりあえずトレードをしてみる。投資信託を1万円だけでも買ってみる。など。
少額であれば、気持ちも楽になりますね。
 
少額投資の方法は下記ごご覧ください。
 
最も愚かなことは、一発逆転を狙い全財産を投資をするといった行為です。
私が実践しているのは、コツコツを地道に配当金を貰い再投資することで資産を増やしていくという投資方法です。
 
一発逆転とはその逆です。

例えば、全財産をレバレッジを掛けて投資を行った場合、結果的に損してしまい、財産がほぼなくなってしまった。信用取引を行い、大損してしまった。

不動産投資をしようとして、ローンを組み話題のワンルームマンションなど購入して
全く入居者が全く入らず、結果売却をしようとしたら、購入額の半額となっていたなど。ついつい、大きな利益を狙い大きな勝負をしてしまいがちなのです。

上記の状況に置かれたら、精神的につらくないですか?
投資で損をした。投資は怖いものだと思うのではないでしょうか?
 
資産全額の投資は絶対におススメしません。
 
少額から始めましょう。合わせて、余剰資金で行うのです。
一発逆転の投資に全額は投資よりも投機になってしまいます。
 

正直なところ貯金では資産は増えない


数字で見ると非常によくわかりやすいです。
貯金をし続けた場合と投資を行い配当金を再投資した場合の比較をしてみましょう。
 
貯金を30年間した場合(金利0.01%)

f:id:syuichix:20190608220112p:plain

投資を行い配当金を再配当した場合(利回り10%)

f:id:syuichix:20190608220135p:plain


明らかですね。貯金をし続けた場合はほぼ資産が変わりません。
しかし、投資をすることでこれだけ資産が増えたのです。
 
最大のポイントは投資をしないとこの資産を築けないのです。つまり、資産を増やす機会を失っているのです。

特に複利の力を利用しての投資には時間が必要です。
やるか・やならないか?悩んでいる暇があればやったほうが時間的にも非常に有利となるのです。

さて、如何でしょうか?
 
投資を行わない最大のデメリットは大きな資産を築くチャンスを逃すことにあります。複利を生かした投資であれば、時間さえかければ大きな資産を作ることが可能なのです。
 
また、おススメとする投資はデイトレードではありません。
あくまで、高配当株を買ったら売らずに一生保有しておくの気構えで配当金を貰いづづけるのです。その配当金を再投資する配当重視の投資が大変おススメです。
 
 
老後の資金が年金だけでは足りないと政府要人から声が上がっていますが、↑の利回り5%で100万円を30年間運用しただけで、1700万円となり、この2,000万円も難しくないように思えませんか?

今後、自分自身で老後の資金を作ろうと思ったときに貯金ではなかなか大変です。
しかし、複利の力を利用し投資をすればこれも可能と思います。
 
私は、投資をしないほうが現代ではデメリットがあると思っています。
 
 

※勿論投資は自己責任で行いましょう!
あくまで、余剰資金で行うことをおススメします。
 
では、引き続きよろしくお願いいたします!