かえるの米国株投資生活

米国株を中心とした投資で不労所得生活を夢見る20代です!

節約・貯金 20代向け貯金貯蓄体質の作り方

f:id:syuichix:20190127201607j:plain皆さんお疲れ様です。

突然ですが、皆さん貯蓄は出来ていますか?
特に20代の方々に実践してみてほしいのですが、貯蓄スキルは今後の資産運用の上で非常に重要です。資産運用するにも原資がなければ大きな資産を築くことができません。

節約、倹約を意識し生活を行い、余剰資金で資産を購入するのです。

以前は、貯蓄が全くできなかった私ですが、ちょっとした工夫と知恵で毎月5万円ないし10万円の貯蓄(投資資金)の確保ができるようになりました。実際に行ったきた貯蓄体質の作りかたをご説明します!

 

  1. 家計簿をつけよう(1ヶ月だけでも)
  2. 貯金の目標額決めよう(家計の見直しを行おう)
  3. 銀行口座を目的毎に分ける
  4. 給料は給料日に全額下す
  5. お金の管理は茶封筒で
  6. お金の見える化をしよう!

 

家計簿をつけよう(1ヶ月だけでも)

 

まず初めに1ヶ月だけでも良いので家計簿をつけてみましょう。
家計簿をつけることで、自分が給料の中でどういった物にどれだけ使っているか理解することができます。

例えば、クレジットカードの利用費が給料の半分を占めていた。
美容代・洋服代が月に4万円を超えていた、スマホ費用が2万円にもかかっていたなどなど…

自身の家計の中身を知ることができるのです。皆さんはどうでしょうか?

現在自身が給料の中からどれほどの金額を何に使っているか把握しておりますか?
まずは家計簿をつけることで次のステップである家計の見直しにつなぐことができるのです。では続いて家計の見直しを実行しましょう!

 

貯金の目標額決めよう(家計の見直しを行おう)

 

続いて家計の見直しにもあたることですが、貯金の目標額を決めましょう。
年間の目標額を決め、毎月の貯金額へ落とし込んだほうが目標は決めやすいです。
例えば、年間で120万円貯蓄を目標額とした場合、毎月10万円で達成できるわけです。

 

毎月10万円は厳しいと思われた場合はボーナスで年間60万貯金し、残りの60万円を毎月貯金すればよいのです。60万円であれば月5万円の貯蓄額でよいのです。

目標が決定したところで、続いては計画を練ります。
自身の家計からどの部分を削減したら目標を達成できるか。考えてみましょう。

美容代・洋服代が削減できるなら洋服代から、スマホ費用が高ければスマホのキャリアを変える。クレジットカードの利用を抑える、衝動買いをしないなど。

家計簿をつけることで自分の給料から何にどれだけ使っているか理解できたはずです。
そのうえで、家計の改善を実行するのみです。

 

私の場合は、スマホ代が異常に高額であり、現在では約10分の1に節約することができました。楽天モバイルがおすすめです。テザリングを使えばネット費用も掛かりませんしね。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

www.kerokerokero.work

 

さて、給料の使い道が判明し、貯蓄が理論上できる状態になったうえでその貯蓄体質を継続しやすくする準備もあわせて行う必要があります。

 

銀行口座を目的毎に分ける

 

皆さんは銀行口座をいくつお持ちでしょうか?
私は3つの口座を使い分け利用しています。内訳としては下記の通りです。

3つの口座に分ける事をお勧めします。
給料振り込み口座とクレジットカードの引き落とし、貯蓄用と一つの口座で管理していてはいろいろとごちゃごちゃになってしまい把握できなくなってしまいます。

 

特にSBIネット銀行であれば、他銀行への振り込み手数料が月何回か無料で実施できますし家にいながら振り込みが可能です。仕事終わりにコンビニで現金を下ろし、入金していては手数料が発生してしまいます。

 

普段使い/クレジットカード利用口座に関しては、私が楽天カードをメインカードとしておりかつ、楽天証券を利用しているためです。楽天カードの引き落とし先を楽天銀行に設定すると楽天市場でのポイント数がUPするのです。
クレジットカード利用口座はお使いのカードから決めると良いと思います。

 

貯蓄用に関しては、普段絶対に下す予定のない触らない口座がおすすめです。
貯蓄には手を付けてはいけません。そういった意味でも普段使わないある意味使いづらい口座のほうがおススメですね。

 

では、残りの3つのポイントに関しては次回ご説明します!

 

引き続きよろしくお願いいたします。